すっぽんで痩せるって本当?すっぽんサプリのダイエット効果の秘密は、豊富なアミノ酸と基礎代謝!

すっぽんダイエット更新日:

すっぽんのアミノ酸は、ダイエット効果が期待できる?余分な脂肪を燃焼するには基礎代謝を高めること、それには筋肉が必要です。筋肉を作る栄養素アミノ酸が豊富な、すっぽんサプリでダイエットする方法を痩せる仕組みと共にわかりやすく解説します。

目次 -Contents-

 1. すっぽんダイエットで痩せる仕組みとアミノ酸の関係について
 2. 自分の基礎代謝を知る方法と基礎代謝を高めるために必要な知識について
 3. ダイエットを成功させるには、老廃物をデトックスして効率よく脂肪燃焼
 4. すっぽんダイエットでリバウンドしないために!リバウンドの原因と対策と注意事項
 5. ダイエット効果を高めるためにもアミノ酸の種類や働きなど基礎知識について
 6. ダイエットにオススメのすっぽんサプリBEST3!

ダイエットにオススメBEST3!

すっぽんサプリは、多くのメーカーから販売されています。いったいどれを選んで飲んだら良いのか?と迷ってしまいますね。そこでダイエットに有効な成分を豊富に含んアだ 人気のすっぽんサプリのベスト3をご紹介します。興味のある方はチェックしてくださいね。

すっぽんスリム酵素の画像

1位 すっぽんスリム酵素

すっぽんサプリでダイエットと言えば、アミノ酸の含有量が多い、すっぽんスリム酵素です。筋肉量を増やし基礎代謝を高めて痩せやすい体質へ!

肥後すっぽんもろみ酢の画像

2位 肥後すっぽんもろみ酢

アミノ酸が豊富な肥後日の元すっぽんだけじゃく琉球もろみ酢まで加えて、黒酢の312倍のアミノ酸量を達成!圧倒的なアミノ酸で脂肪燃焼を促進!

美泉すっぽんの画像

3位 美泉すっぽん

温泉スッポンは、黒酢の157倍のアミノ酸。温泉黒酢は普通のアミノ酸の101倍、だから美しく痩せてスッキリしたい欲張りな人にお勧め!

すっぽんのアミノ酸にはダイエット効果が期待できる!痩せる仕組みとアミノ酸の関係について

すっぽんと聞くと以前は、滋養強壮や精力増強などスタミナアップなど男性が飲むと言ったイメージがありました。ところが、最近は女性の間ですっぽんサプリを飲みながらダイエットする人が増えています。

何故、女性達が揃ってすっぽんダイエットに挑戦しているのでしょう。どうやら、すっぽんサプリのCMがキッカケになっているようです。

テレビCMの中では、たった1ヶ月でマイナス10kg!その秘密は「すっぽん」にありました・・・なんて、スッポンには、ダイエット効果があるように表現されています。

登場する体験者も見事に痩せた写真を出して感想を言うので、ダイエットに悩む女性には、魅力的なサプリメントに感じます。

「私も飲んでみようかな・・・でも、なぜ・・・スッポンでダイエットなの?」と、不思議でなりませんでした。そこでスッポンで痩せる理由について徹底的に調べてみました。

そこで判ったのは、すっぽんに豊富に含まれているアミノ酸の存在です。アミノ酸を摂取しながら有酸素運動を行うと基礎代謝が高まり、脂肪を効率よく燃焼してダイエットを強力にサポートするという仕組みです。

あれ?どこかで聞いたダイエット法だな?と思ったのです。これは最近テレビで頻繁に紹介されている東大式アミノ酸ダイエットと同じです。さらに長野県民が行っているインターバル速歩という健康法とも似ています。毎日30分程度のインターバル速歩を行った後に30分以内に牛乳を飲むという方法です。

東大式アミノ酸ダイエットとインターバル速歩については、後ほど詳しく説明しています。

ダイエットして筋力が減少しては意味がない!筋肉を落とさないのがアミノ酸ダイエットの目的

アミノ酸ダイエットは、他のダイエットと比べると単に体重の減少を目的とする方法ではありません。

引き締まったボディメイクを目指しながら余分な脂肪を燃焼させるのがアミノ酸ダイエットです。

どんなに体重を減らしたいからと言って、筋肉量も一緒に減少してしまうと基礎代謝が落ちて脂肪を燃焼しにくくなり、逆に太りやすい体質になってしまうダイエット法ということになります。

ですが、アミノ酸ダイエットは筋肉量を増やしながら、余分な脂肪だけを燃焼させるので、痩せやすい体質を維持したままシェイプアップします。

つまりダイエット後のリバウンドにも強いという特徴があります。このように筋肉量を維持しながら痩せるダイエット法は他にあまりありません。

肥満の原因である皮下脂肪や内臓脂肪など、蓄積した体脂肪をエネルギーとして燃焼させるには、筋肉を強化して基礎代謝を高める必要があります。

同時にリパーゼという酵素の働きを活性化しなければなりません。これに大きく関わっているのが20種類あるアミノ酸の中の5つのアミノ酸です。

アミノ酸は筋肉を作る栄養素ですから、摂取と同時に有酸素運動をすることで筋肉が鍛えられ、体脂肪を燃焼する力が高まるという仕組みでダイエット効果が期待できます。特に以下のように3つの効果が短期間で期待できるのがメリットです。

  1. 筋肉を引き締めシェイプアップ!綺麗なボディラインを作る。
  2. 余分な体脂肪だけをエネルギーとして効率よく燃焼させる。
  3. 基礎代謝を高め太りにくい体質に改善!リバウンドを防ぐ。

アミノ酸ダイエットは、このような効果が期待できますが、これを証明するのがダイエット後の筋肉量です。

他のダイエット法で痩せた方の筋肉量を測定すると30%から40%も筋肉量が減少していることが多いと言われています。ところが、逆にアミノ酸ダイエットでは、筋肉量が15%から20%も増えています。

筋肉量の減少は、基礎代謝の低下をまねくだけでなく太りやすい体質の原因にもなります。さらに体重だけ減少しボディラインが貧相になるので女性らしい魅力にも欠けてしまいます。これではダイエットの意味がありません。

そこでアミノ酸の摂取が問題になるのですが、最も自然な摂取方法が食事となります。アミノ酸スコアが100に近い食材を食べることで20種類のアミノ酸をバランスよく摂取することが望ましいとされています。

【アミノ酸スコアとは?】
私達の体の中では作れないので食べ物から摂取しなければならないのが必須アミノ酸です。その必須アミノ酸のバランスを数値化したのがアミノ酸スコアです。 アミノ酸スコアが100点以上になることが望ましく、数値が高い方がバランスよく栄養価が高いと考えられています。

バランスの良いアミノ酸を摂取することがカギ!

人が生きる為に必要なアミノ酸は22種類。このうち体内で合成できるのアミノ酸が13種類、体の中で合成されないので食べ物から摂取しなくてはならない必須アミノ酸が9種類もあります。

しかし食事だけでアミノ酸を摂取するのは非常に難しいのが現実です。

まず、偏った食生活をしているとアミノ酸不足になります。さらに加齢とともに体内で合成するアミノ酸量が減ります。すると代謝も悪くなってしまいます。

新陳代謝が低下すれば、細胞のターンオーバーが悪くなりますので、お肌にツヤやハリがなくなったり、髪の毛が細くなったり元気な髪の毛ではなくなります。さらに脂肪燃焼パワーが低下するので太りやすくなります。

そこでサプリメントの活用が望ましいのですが、人工的に作られたアミノ酸だけではなく、ダイエットの活性化に欠かせない栄養素である、ミネラルやビタミンが含まれているサプリメントがおすすめです。

そこで注目されているのが「すっぽんサプリ」です。すっぽんにはアミノ酸、ミネラル、ビタミンがバランスよく含まれていますので、すっぽんサプリを活用すれば、アミノ酸ダイエットに効果的という訳です。

知っておこう!アミノ酸の主な働きや効果について

私たち人間のカラダの全ての部分がタンパク質によって構成されています。このタンパク質の合成に欠かせないのがアミノ酸です。このアミノ酸がカラダの中で様々な働きをしていることで私たちは生きることが出来ています。

アミノ酸といってもたくさのん種類があり、それぞれのアミノ酸が違った働きをしています。ここでは、私たちの生活の中で代表的なアミノ酸の働きを紹介します。

体中のあらゆる組織の主成分となるタンパク質を合成しカラダを作っている!

筋肉・髪・皮膚・爪といった組織、心臓や脳といった臓器など体中のあらゆる組織の主成分となっているタンパク質を合成する際に使用されます。この時に使われるアミノ酸は20種類!9種類の必須アミノ酸と11種類の非必須アミノ酸です。

筋力アップによるダイエット効果

バリン・ロイシン・イソロイシンなどのBCAA(分岐鎖アミノ酸)がタンパク質の合成速度を上げたり、アルギニンなどのアミノ酸が成長ホルモンの分泌量を増やしたりすることで、筋力がアップして基礎代謝が高まり、ダイエット効果が期待できます。

筋肉疲労を回復して筋肉痛を解消

BCAA(分岐鎖アミノ酸)には、筋肉疲労の原因となる乳酸の分泌を抑制する働きがあり、筋肉疲労の回復力を高めて、早期に筋肉痛の解消させます。

ストレスを軽減して脳をリラックスさせる

興奮状態を鎮めたり、不安な状態を和らげたりするGABA(γ-アミノ酪酸)や、精神安定作用のあるトリプトファンといったアミノ酸の働きで、脳にストレスや疲労が溜まるのを軽減し、脳をリラックス状態にさせます。

コラーゲンを合成して美肌をサポート

グリシン・プロリンなどのアミノ酸がコラーゲンの合成を促進し、ハリや潤いのある美しい肌を作り出すのに有効だと言われています。

コラーゲンは細胞と細胞を結合する働き肌や髪の毛に弾力性を与えますがコラーゲンを食べるのは間違い!コラーゲンを増やすにはアミノ酸を摂取します。

眠気や疲れを解消して集中力を高める

BCAA(分岐鎖アミノ酸)やチロシンといったアミノ酸が、眠気や疲労を抑制する効果があるので、集中力が高まり、勉強や仕事などの作業効率を挙げることができます。

すっぽんサプリを飲めば痩せるのか!?すっぽんダイエットを効果的にする方法

痩せるためには適度な運動も必要です!

すっぽんがダイエットに効果がありそうだとは分かりましたが、ですが、すっぽんサプリメントを飲むだけで痩せると思い込んではいけません。

冒頭で言ったテレビCMでも、小さい文字でこんな風に書かれています。
★★★ダイエットには、適切な食事制限と運動が必要です。★★★

なに?と思われるかも知れませんが、飲んだだけで痩せるダイエット法なんて、この世にあるわけがありません。

しかし、ガッカリしないでくださいね。すっぽんを摂取することは絶対にマイナスではありません。ちゃんと実践すれば、すっぽんのアミノ酸パワーが脂肪を燃焼して、脂肪を溜めない体質に変えてくれるのは確かな話です。そのためには代謝を高める努力が必要!それが運動なんですね。

基礎代謝を上げる運動と言うとハードな筋肉運動をイメージする人もいるかもしれませんが、ハードな運動をしなくても、誰でも簡単にできるウォーキングを取り入れることで基礎代謝を上げダイエット効果が期待できる事が分かっています。

つまり、アミノ酸摂取+ウォーキングを取り入れる

このサイトでは、実証されている基礎代謝を上げる2つのタイプのウォーキング方法を紹介します。

東大式アミノ酸ダイエットが証明するアミノ酸の効果!

一つ目のウォーキング方法は、アミノ酸研究の第一人者で東京大学大学院前教授の大谷勝先生が考案した「大谷勝東大式アミノ酸ダイエット法」なのです。

この「大谷勝東大式アミノ酸ダイエット法」のメカニズムを上手く利用することで、1日3食を食べても健康的にダイエットできると多くのメディアで紹介され今話題になっているのです。

メカニズムとは

「大谷勝東大式アミノ酸ダイエット法」のメカニズムは、筋肉を作るアミノ酸の材料となる肉類・魚類・豆類・卵などのタンパク質の食材をたくさん食事で摂りながらダイエットを行うことで、筋肉量を落とさず基礎代謝をキープできリバウンドしにくい体を作り上げていくことです。

東大式アミノ酸ダイエット法やり方は

やり方はとても簡単です!
大切な事は、1日3回の食事でアミノ酸が多く含まれている肉類・魚類・豆類・卵などのタンパク質が豊富な食材をたくさん食べるようにする事。その時、仕事が忙しくて食事でたんぱく質が摂取できないときはアミノ酸がバランスよく含まれているサプリを活用しましょう。

さらに、大谷勝先生が考案した東大式ウォーキングを取り入れましょう。東大式ウォーキングのやり方は、その場で足踏みしながら骨盤を上下に動かすことを意識して、その状態でさらに前後にひねりも加えて歩くだけです。

この運動で体幹の筋肉のひとつで腰全体を支える大腰筋が鍛えられ、腰まわりが整えられるため、お腹がへこんで姿勢もよくなり下半身太りの解消ができるんだそうです。1日20分を2回行うのが理想。

ですが、この歩き方を人前でするのは・・・。恥ずかしくて抵抗があると言う人もいるかと思います。その場合は、姿勢を真っすぐにして、少し歩幅を広くして早歩きで歩くようにしましょう。

出勤女性の画像

わざわざ、その為のウォーキングとなると続かないので、会社の出勤の時を有効利用して、一駅先まで歩いて出勤したり、帰宅時は一駅手前で降りて歩くなどするのがおすすめです。

だれでも簡単にできるので、今までダイエットにチャレンジしても結果がでなかった!と言う方も、この東大式アミノ酸ダイエット方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

インターバル速歩で基礎代謝アップ

もう一つ、基礎代謝を上げるのに有効な歩き方を紹介します!インターバル速歩って聞いたことがありませんか?

長寿日本一になった長野県で10年前から伝わる健康方法で、健康にダイエットに美容に良いとNHKのためしてガッテンなど多くのメディアで紹介され注目されているウォーキング方法です。

このインターバル速歩もとっても簡単で誰でも今すぐ実践できます。

■歩き方

背筋を伸ばした正しい姿勢で3分間の早歩きと、3分間のゆっくり歩きを交互に30分位おこなうという単純な方法です。

早歩きの速度は、自分の最大速歩の70%を目安にして歩く感じが目安になります。少し息が上がる感じです。

このインターバル速報は、足の筋力を増加させたり、心肺機能を高めたりするために、高血圧や糖尿病など生活習慣病全般の予防につながるといわれています。

さらに筋力が高まると体内のリンパ球の数が増えるため、免疫力が高まり、風邪をひかなくなたり、1日に数千個もできるガン細胞をリンパ球が絶滅するなど効果が確認されているそうです。

そして何よりダイエットにチャレンジする人に嬉しいのが、この歩き方を続けることで筋肉力が増え、基礎代謝の消費エンルギーがアップするのでダイエット効果が高まるのです。

そして、効率良くするためにインターバル速歩に欠かせない約束事があります。早歩きとゆっくり歩きを30分程度行った運動後、30分以内に牛乳を飲まなくてはならないのです。

なぜ?牛乳を飲むのか?

ややキツイ運動をすると、筋肉に小さい損傷が起こります。それを修復しようとしてアミノ酸を取り込もうと筋肉細胞が修復する活動を始めます。

この時に必要な栄養素がアミノ酸(タンパク質)です。そこで必ずインターバル速歩の終了30分以内に牛乳を飲むということが望ましいとされています。

ところが、私は乳製品が全くの苦手でどうしようかと考えたのです。そうだ!スポーツ選手が運動の際に飲んでいるアミノ酸のドリンク!

そこで思ったのが、アミノ酸を取るならすっぽんサプリにもアミノ酸の量は豊富だし、必須アミノ酸が9種類も入っているので効果的じゃないか?と思ったのです。

そして、それを実践してみるとダイエット効果が高まったのです。※これは個人の感想です。

たぶん筋力アップとともに脂肪燃焼力が高まった結果と思うのですが、それと同時に体調がメチャメチャ良くなりました。

もちろん肌の調子もよくなり、気分も最高に!すっぽんサプリの購入を考えている方は一度チャレンジてみてください。

ダイエットを始める前に!自分の基礎代謝を知る方法と基礎代謝を高めるために必要な知識について

基礎代謝とは、運動など体を動かさないで心身ともに安静な状態の時、生命維持のために消費されるに必要な最小限のエネルギー代謝量のことです。

安静にした状態で消費される基礎代謝量が高いとダイエット成果が出やすいとされています。

なぜなら、実は、基礎代謝は消費される全エネルギーの約70%を占めており、この基礎代謝が高いほうがダイエッットは断然有利になります。

この基礎代謝量は「オギャー」と誕生してから成長するにつれて高くなり、一般的に言われているピークは男性は16歳前後、女性は14歳が一番高いと言われていて、その後は徐々に減少ていきます。

減少の一番の要因は、筋肉量の低下といわれており、特に40歳を過ぎると加齢によって筋肉が衰えて減少してしまう為、急激な下降線をたどってしまうのです。

もちろん個人差はありまが、40歳を過ぎたころから太りだしたなんて言う方も多いのではないでしょうか。

また、女性は男性より基礎代謝量が低い傾向にあります。それは、女性は妊娠・出産という大切な役目があるため、男性よりも多くの体脂肪を蓄えており、筋肉量が少ないことが原因です。

自分の基礎代謝量の調べ方

基礎代謝量の計算方法はいろいろあるようですが、まず、厚生労働省の日本人の食事摂取基準2005年版を使って、自分に必要なカロリーを計算してみましょう。

基礎代謝基準値表

●基礎代謝の計算方法
あなたの体重×上記の自分の年齢基礎代謝基準値=1日あたりの基礎代謝量

【例:男性の場合】
年齢40歳の男性、体重70kgの場合
70(kg)×22.3(基礎代謝基準値)=1561kcal

【例:女性の場合】
年齢30歳の女性、体重50kgの場合
50(kg)×21.7謝基準値)=1085kcal

※個人差がありますので、いずれも目安にしてください。

1キロ体重落とすに為にどのくらいの消費カロリーが必要か?

ダイエットを成功するためには、食事の量を抑えたり、運動などしてエネルギーを消費することに気をとられてしまいますが、 実は、毎日決まった時間に体重を測ることが一番重要です。

毎日、決まった同じ時間に体重を測り、それを記録することで体重管理がしっかできるのでリバウンドをしないように防ぐことができます。たった、コレだけのことですが、これが太らないようにするには一番効果的。 理由は、自分の意識がかわるのです。

「朝、体重を測ったら、昨日よりも体重が増えていた!」この現実が1日の食事の質や量、また運動量を変えさせていきます。現在は、体重を入力するだけで、簡単にグラフできるアプリもあるので活用してみてはいかがでしょうか。

1キロ体重落とすに為には・・・

太った女性の画像

食べ過ぎた、体重測ってみようと思い体重計に乗って数字を見て「エッ!2キロ体重が増えている!!」こんな事ありませんか?

その2キロをどう消費しましょう・・・。

まずは、1キロ体重落とすのにどのくらいの消費カロリーが必要なのか調べてみると、なんと!およそ7200kcalを消費するとやっと1キロ落とせるといわれているのです!

気が遠くなるような話です。もちろん、男性、女性によっても違い、体重や筋肉量によっても変わりますので、おおよその数字になります。

ならば、この1キロを例えば1ヶ月かけて減らそうとすると
7200kcal÷30日=240kcal
1日あたり240kcal 。

で、増えた体重が2kなので
240kcal ×2=480kcal
1ヶ月で痩せるためには、1日あたり480kcal消費する必要があります。

では、約100kcalを消費するためには、徒歩ならどの位の時間歩く必要があるのでしょうか?

女性 : 体重52kgの場合、40分歩くと109kcalを消費。
男性 : 体重65kgの場合、30分歩くと102kcalを消費。

と言われています。そうなると、女性の場合240kcal消費するために、およそ1時間30分毎日歩かなくてはなりません。 この数字を見たら、太らないように炭水化物(糖質)を控えるなどの毎日の体重管理が大切だと実感します。

太った女性の前後

すっぽんダイエットを成功させる為!体内に溜まった老廃物をデトックスして効率よく脂肪燃焼!

すっぽんダイエットを成功させるためには、腸内環境を整える必要があります。さらに血流を良くして体の隅々まで栄養素を循環させることも必要です。 そこで大切なポイントが、腸内に溜まった老廃物のデトックスです。さらに血流が悪い人は、新陳代謝で生まれ変わった後の古い細胞を運び出すことができません。 血管に付着しているコレステロールや中性脂肪までデトックスする方法を紹介します。

汗をかくと痩せてるってホント?

ジョギングで汗をかいている女性

ジョギンクなど運動をしたり、サウナに入ったりして汗をかくことで痩せていると思っている方も多いかと思いますが、これは違います!

実は、汗をかいたら痩せると言うのは医学的には根拠がなく、ダイエットに直結するわけではないようです。

確かに、サウナに入って汗を大量にかけば体重は多少減りますが、それは、水分が減っただけで脂肪が燃焼されたわけではありません。その証拠にそのあと水分を補給すれば、また体重は元に戻ってしまいます。

私たち人間の体内にある水分は、その人の体重の3分の2と言われていておよそ60%~70%です。私たち人間には、この水分量を一定に保つ機能が備わっています。

そのため、水分が足りなくなると喉が渇き水分を摂ります。過剰に水分を摂り過ぎると尿で排泄し体内の水分のバランスを調節しているのです。

これは、意思とは関係がなく生理機能が自然に行われます。ですから、大量の汗が出て水分は減少しますが、脂肪が燃焼して体重が減るということではないのです。

脂肪を効率よく燃焼させるには

脂肪を燃焼させるには、まず脂肪を分解する必要があります。その働きをするのがリパーゼと言う酵素ですが、リパーゼがしっかり働くには、それなりの適した環境があるのです。

その環境ですが、実は、リパーゼは筋肉が温まらないとしっかり働いてくれないのです。

私たちが通常の時、筋肉の体温は37℃位なんだそうです。それよりも1~2度高い39℃になるとリパーゼが最も働いてくれる環境になります。

そう聞くと、体温が高いほうが脂肪が分解されて痩せやすいのかと思いがちですが、それは違います。実は、体温が40℃を超えると今度は逆にリパーゼの活性が低下し働きが悪くなってしまうのです。

良く、運動をするとき、たくさん着こんで厚着して運動をする人がいますが、これは逆効果。リパーゼの働きが低下してしまうので、運動をする際には通気性が良い服装で体温を調節しながら運動することが脂肪燃焼には大切になります。

汗の大切な役割は体温調節!

では、汗はなぜな出るのでしょうか?

脂肪が燃焼して汗が出ているのではなく、体温調節を行っている為なのです。

汗には熱を体の外へ放出する働きがあり、運動でもサウナでも体が熱くなると、その熱を体外へ放出することで体温を一定に保っているんです。

ですので、サウナに入ったり、厚着して運動して汗が出ても、脂肪が燃焼してるかと言えば、そうではなくて、体温が上昇しているので体温調節をしているため汗が出ていると考えられます。

ただし、運動をすることはダイエットには効果的です。筋肉を使いエネルギーを消費しているので脂肪を燃焼しています。

また、運動することで筋肉量をさらに増やすことにもなり、基礎代謝の大部分は、筋肉によって消費されるので、さらに痩せやすい体になります。そう考えると、ダイエットには運動は欠かせないと言えます。

ですので激しい運動ではなく、ストレッチやウォーキングなど毎日継続して実践できる簡単な運動はダイエットには大切なことなんですね。

体の中の要らない老廃物はいつまでも溜めていたらダメ!デトックスして体内リセット!

デトックスとは・・・

テレビや雑誌などでも“デトックス”という言葉を頻繁に聞くことが多く、女性はもちろんですが男性も知っている言葉となりました。

デトックスとは(英語表記:detox)、ひと言で表すと「解毒」という意味があり、体内に溜まっている毒素や有害物質を体の外に出してあげることで、体の不調を改善して健康な状態に戻すことを言います。

私たちは、子供のころから「健康のために沢山食べて体に栄養を蓄えるように」と母親に言われて育ってきました。

デトックスの場合はその逆で、必要以上にたくさん栄養を摂取しすぎて、使われずに余って体内に溜まってしまった毒素をキレイに取り除くことで健康を維持していくやり方です。

知らない間に体内に毒素はたまっていきます

体内に溜まる毒素には、食事によって体内に過剰に摂取した脂肪をはじめ、食べ物の残りカス、食品添加物、水銀・カドミウム・鉛・タリウム・ヒ素といった有害物質、排気ガス中のダイオキシンなどがあります。

これらの毒素や有害物質を体の外に排出してあげる必要があるのですが、人間の体はよくできたもので、自分の身を守るために不要なものは体の外に排出する機能が生まれつき備わっているのです。

毒素や有害物質の排出方法としては、便(75%)・尿(20%)・汗(3%)・髪の毛(1%)・爪(1%)などがあります。

健康な状態ならこれらの排出方法によって毒素や有害物質が自然と体の外に排出されますが、体に不調が起きることで、正常に排出機能が働かなくなる場合があります。

原因としては、生活のリズム不規則であったり、好き嫌いやダイエットなど栄養のバランスが悪い偏った食生活になっていることや疲労やストレスが溜まりがちになっているなどが挙げられ、これらが原因になって排出機能が正常に機能しなくなり、デトックスが行われなくなるというわけなのです。

デトックスの方法としては、まず食事面を改善すること。特にコンニャク・大豆食品・寒天・リンゴといった、食物繊維が多く解毒作用のあり、腸内環境を整えるのにも良い食材を食べると良いでしょう。

また、玉ねぎ・ニンニク・ニラ・ネギなどに含まれる成分は毒素を包んで吸収を防げます。

1日水を1.5~2リットルとたくさん飲むことで代謝機能も高められます。最近注目を集めているのがデトックスウォーター。これは、いつも飲んでるミネラルウォーターに自分の好きな果物や野菜をカットして入れるだけ!そのまま4時間ぐらい置くと野菜や果物の香りがするお水が完成!

ミネラルウォーターを飲む女性

どうしても食事で補えないなら、α-リポ酸・クエン酸・亜鉛・メチオニン・システインといった解毒作用のある成分や腸内環境を整える乳酸菌・食物繊維を配合したサプリメントを利用してみましょう。

他にも、発汗作用がある入浴・サウナ、血行やリンパの流れをよくするマッサージなどもデトックスには有効な方法です。

ダイエット・美容に外せない!第六の栄養素『食物繊維』の効果と多く含まれている食べ物

野菜サラダイメージ

私たちの体に欠かせない大切な栄養素が、タンパク質、脂質、炭水化物(糖質)、ビタミン、ミネラルの五大栄養素です。そこに、もう一つ重要な働きをする事がわかり第六の栄養素として注目されているのが食物繊維です

以前は食物繊維の性質がほかの栄養素とは違い、体内に吸収されないまま外に排出されるの、であまり重要な栄養素とは認識されていませんでした。

ところが、長年の研究で、この体内に吸収されないからこそ、体には欠かせない重要な役割をしていることがわかってきたのです。

そして、その働きは健康維持をはじめダイエットや美容維持をサポートする重要な役割をしています。

食物繊維は2種類に分けられています。

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。
水に溶けにくい不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維です。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、字のごとく水に溶けない食物繊維です。しかし、胃や腸で水分を吸収すると大きく膨らみます。これにより、便の量を増やし腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にし便通を促進します。

また、外から入ってきた有毒物質、ダイオキシンや添加物などを吸収しそのまま排泄する体外に排泄するデトックス作用があります。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は名前の通り水に溶ける性質の食物繊維です。不溶性食物繊維と同じように、便を柔らかくして便通を促したり、有害物質を排泄するデトックス作用や善玉菌を増やし腸内環境を整えます。

水溶性食物繊維の水に溶ける性質がダイエットを強力にサポートします。カラダに入った食物繊維は水によっってドロドロのゲル状になり、食べた炭水化物(糖質)の消化・吸収を緩やかにして血糖値の上昇を緩やかにします。 すると、インシュリンの分泌量が少なくて済み、糖質が脂肪細胞へ運ばれる量が抑えられます。

さらに、コレステロールなどの余分な脂質を吸着しそのまま体外に排出する作用があります。このように、水溶性食物繊維はダイエットや生活習慣病の予防に欠かせない大切な栄養素なんです。

食物繊維が豊富な食べ物とは

では、それぞれの代表的な食材にはどんなものがあるのでしょうか。

不溶性食物繊維は豆類に多く含まれています。セルロースやヘミセルロース、不溶性ペクチン、リグニン、キチンなどの食物繊維が入っている大豆や小豆、えんどう豆などの豆類を始めとして、ゴボウ、カボチャ、ブロッコリー、オクラ、たけのこ、トウモロコシ、切り干し大根などの野菜類、サツマイモ、山芋、里芋などのイモ類、えのき茸やしいたけ、きくらげなどのきのこ類、アボカドやパイナップル、キウイなどの果物、そして納豆、おからなどが代表的な食材です。

一方の水溶性食物繊維はこんにゃくや、寒天、昆布、わかめ、もずく、ひじきなどの海藻類、エシャロットやゆりね、ごぼう、おくら、春菊などの野菜類、レモンやきんかん、みかん、ゆずの果皮などの果物類、インゲン豆やうずら豆などの豆類、玄米、大麦、オートミールなどの穀類、そして納豆、豆味噌、梅干し、カレー粉などがあります。

食物繊維の摂取量は

食物繊維の1日の目標摂取量は18歳以上で男性が19g以上、女性で17g以上とされていますが、本当のところ20gは摂りたいものです。

理想的な食物繊維のとり方は、水溶性食物繊維も不溶性食物繊維もそれぞれに大切な役割があります。どちらかに偏らないで、それぞれをバランス良く毎食欠かさず摂るのが理想です。

しかし実際、現代の普通の食生活で摂取出来ているのは10g前後だと言われており、意識して食物繊維を摂る事が必要になっています。

特に外食の多い若い世代の人は、栄養が偏りがちで食物繊維はほとんど摂れていません。 場合によっては栄養補助食品などをうまく取り入れる事が必要になってきます。

食事だけで食物繊維を摂るためには、主食であるご飯は白米ではなく玄米や胚芽米、パンなら全粒粉パンや胚芽パンがおすすめです。 また、きのこや海草などは意識して毎日食べる事が大切です。

野菜は量を多く摂るために生で食べるのではなく、茹でたり煮たり調理して食べる事をおすすめします。 また、野菜は淡色野菜より、緑黄色野菜を多く摂るように心がけましょう。

食事制限ダイエットには落とし穴が!食事制限ダイエットの危険性について

食べ過ぎの男性イメージ

『80%!』なんの数字だと思いますか?

さぁ!ダイエットにチャレンジ」となると、真っ先に思い浮かべるのが食事制限です。毎日の食事の摂取カロリーを減らすというのが一般的だと思います。

もちろん、運動などのダイエット方法は効果があることはわかっています。しかし、辛い運動をしないでも痩せやすい食事制限のダイエット方法をつい選んでしまうと言う人も多いのではないでしょうか。

しかし、この食事制限によるダイエットのリバウンド率は大変高く、80%と言うデーターもあるそうです。

実は、リバウンドをしないダイエットを成功させるためには、体に必要な必須栄養素をきちんと摂ることが大切だということをご存知でしたか?

必須栄養素とは、体のなかで作り出す事が出来ない、または、十分な量を作り出す事が出来ない栄養素の事です。この栄養素が不足すると代謝が落ちてしまい、逆に太りやすくなると考えられています。

ダイエットをチャレンジする多くの方が、摂取カロリーばかり気にして、栄養バランスが悪くなりカラダに必要な栄養素が不足しがちになります。

健康的にキレイに、そして、何よりも何度もリバウンドを繰り返さないダイエットを成功させるために重要なのは、1日に必要な栄養素は摂りながらカロリーを抑えることが大切。では、必須栄養素をご紹介します

●タンパク質

タンパク質は筋肉、内臓、皮膚、血液など体を作る基本成分。体の機能を正常に保つのに欠かせません。

●ビタミンB

ビタミンBはエネルギーの代謝をサポートしている補酵素。不足すると代謝機能がスムーズに働きません。

●脂質

体のエネルギー源となる。体の細胞膜や核酸、神経組織、ホルモンなどを構成するにも必要。

●ミネラル

体の組織を構成したり、酵素をサポートしたり、体の調子を整える働きがあります。

●食物繊維

食物繊維は、体内に吸収されない特徴を持っています。そのため余分な塩分、糖、脂肪などを吸収しそのまま排泄し体内の吸収を抑えます。また、腸内環境をきれいに掃除してくれるはたらきもします。

もっとも効果が早いと言われている糖質制限ダイエットの危険性について

糖質を食べたい女性のイメージ

ダイエットは、とにかく早く結果を出して終わらせたいものですね。ところが、正しいダイエット法としては、長期間にわたって続けるのが理想とされています。

しかし、実際にチャレンジしてみると、長期間ダイエットをし続けるのは大変辛いもので、その分挫折してしまうことも多いのです。だからこそ、ダイエットをする場合は、効果が早い方法を探すのが一般的なのですね。

数あるダイエットの中でも、今もっとも効果が早いと言われているのが糖質制限ダイエットや炭水化物抜きダイエットです。このダイエット法は、効果が早いという点に加えて、やり方がとても簡単というのも人気の理由のひとつです。

糖質制限ダイエットのやり方は、主食や糖分を抜くだけ、炭水化物ダイエットは文字通り炭水化物を一切摂らないというダイエット方法になります。

つまり、どちらも主食やお菓子を抜くだけというシンプルな方法なので、気軽に始めることが出来るのです。しかもダイエット効果が出るのが早いのですから、チャレンジしている方も多いでしょう。

糖質を制限するとどうして痩せるのでしょう?

糖質を摂取すると、血液中の血糖値が上昇してしまうので、それを抑えるためにインシュリンが分泌されます。

インシュリンは、糖質を脂肪に変えるという働きを持っているため、肥満の要因となってしまうのです。つまり、糖質や炭水化物を摂取しないことで、インシュリンの分泌を抑えると脂肪の蓄積を防げるのです。

また、糖質を摂らなければ、エネルギーとして蓄えられている体脂肪が燃焼されるので、さらに高いダイエット効果が得られるのですね。ただし、これらのダイエットを長期間続けると、体に必要な栄養素が不足します。

炭水化物は体に必要な栄養素であり、いきなり食事制限をすると低血糖や肝臓への負担、脳の栄養の欠如などさまざまな不調を引き起こします。糖質制限への移行は緩やかに行なうことが大事。>

また、たとえすぐにダイエット効果があっても、普通の食事に戻したらリバウンドを起こす可能性が高いダイエットでもあります。正しい方法を身につけ、ダイエットを成功させるために専門家の指導を受けながら実践するのをおすすめします。

すっぽんダイエットでリバウンドしないために!リバウンドの原因と対策と注意事項

ダイエットで一番怖いのがリバウンドです。せっかく痩せてもリバウンドを繰り返すと逆に太りやすい体質になってしまうからです。 すっぽんダイエットだって油断したらリバウンドしてします。ここでは、リバウンドの原因と対策、さらにはダイエット中の注意点など分かりやすく解説します。

医学的根拠があるリバウンドの原因と対策!

ダイエット成功の一番の難関と言えばリバウンド。だれでも経験があるかと思いますが、せっかく苦労して痩せてもリバウンドしたら本当に悲しいですよね。

ですが、どうしてダイエットを実践した多くの人がリバウンドしてしまうのでしょうか?その謎に、池谷敏郎先生が「林修の今でしょ!講座」に出演されてた時に答えてくれていたので紹介しますね。

実は脳にはそのリバウンドのスイッチがある!

ダイエットをはじめると、食べる量が極端に少なくしてしまいますよね。すると、体内に蓄えられてた脂肪などのエネルギー源を使いはじめます。その結果、痩せる事ができるのです。

ですが、脳では違うことを考えているのです。「蓄えたエネルギーが少なくなるので大変だ!このままでは死んでしまう。」と言う事で、少ないエネルギーでも活動が出来るようにスイッチが入ってしまうんだそうです。

例えば、1日に必要なエネルギーが100だとします。ですがダイエット中なので摂取するエネルギー源を70に減らして食事をします。するとスイッチがONになります。

スイッチは入ると体は70のエネルギー源で満たされてしまうので、体に蓄積されている脂肪は燃焼されないままになってしまうのです。つまり、消費エネルギーが少なくても大丈夫になってしまうので体脂肪が燃焼されなくなってしまうのです。

要は、そのスイッチを入れないようにすれは良いわけですが、実は、そのスイッチは、1か月間で体重の5%以上痩せてしまうとスイッチが入ってしまうそうです。

★体重50キロの場合・・・-2,5キロ減量
★体重60キロの場合・・・-3,0キロ減量
★体重70キロの場合・・・-3,5キロ減量

さらに、このスイッチが一度ONになると1か月間は戻らないのです。

そんな事は私達は知らないので、ダイエットして痩せたら、また元の食べる量100の量を食べてしまうと、まだスイッチが入ったままなので、どんどん脂肪を溜ってしまいリバウンドが起こってしまうのです。ここがリバウンドしてしまう原因なんです!

本来は、急激に体重を減らすダイエットは実践しないようにして、時間をかけて計画的にダイエットは実践することが大切なんですが、もう一つは、そのスイッチを入れないようにすればいいわけです。

ポイント1 そのポイント!脳に満腹だよとしっかり感じさせれば、スイッチが入りません。

どのようにして脳に満腹だと感じさせるのか?その方法

実はとっても簡単な方法で解決できてしまうのです。

食事の15分前にガムをかむ

ここには脳のメカニズムがあります、口の中で何かを噛むと約15分~20分後に、ヒスタミンが分泌されて脳の満腹中枢が刺激されて満腹感を得られるようになっています。ですので、良く噛める食べ物ならガムでなくても良いのですが、ガムはカロリーが低いのでオススメなんです。

小さなお皿におかずを入れる

これは、デルブーフ錯視と言って、同じ大きさでも小さく見えたり、大きく見えたり目の錯覚を利用する方法。例えば、小さなお皿にハンバーグを入れたものと、大きなお皿にハンバーグを入れたもの。どちらが大きく感じるかと言うと小さいお皿に入れた方がハンバーグは大きく感じるのです。ですので、小さなお皿やお茶碗を利用しましょう。

どうでしたか?リバウンドを防ぐ方法は、ガムやお皿など身近にあるもので対策できるので簡単ではありませんか?早速試してみてくださいね。

なぜダイエットにお酒はだめだと言われているのか

お酒の席のイメージ

ストレス解消にはお酒!という方も多いかと思いますが、ダイエット中は禁酒していると言う方も多いのではないでしょうか。

アルコールのカロリーはエンプティーカロリーと呼ばれ、優先的にすぐに消費されてしまい体に蓄積されないといわれています。(※これはお酒の量にもよります。)

しかし、実際にはお酒を飲んでダイエットを実践しても思うように成果が出ないと言う声が多いです。少し調べてみると、いくつかの原因が考えられます。

ひとつは、アルコールを分解しているのは肝臓ですが、お酒は私たちの体には有害なもの、その毒素を早く体内から排出するために肝臓はお酒の解毒排出を優先します。

しかし、その肝臓はアルコール分解だけではなく脂肪分解なども行っています。ですが、大量にお酒を飲んでしまうとアルコールの分解が優先されて行われているので、おつまみなどの脂肪を分解する働きがおろそかになってしまうことが考えられるようです。

その為、ダイエット中のおつまみ選びは注意が必要。特にシメのラーメンは危険です!そうでなくても、お酒を飲むと満腹中枢が抑えられてしまう傾向で食欲が増し油っこいおつまみを食べてしまうことにも・・・・。

また、ビールを良く飲む人のお腹を「ビール腹」と言い、ビールが大好きな人のお腹を見ると納得させられます。ビールは何故太ると言うイメージがあるのでしょう。

実は、ビールの原料であるホップは脂肪を蓄積してしまう性質があります。ですので、ビールは太りやすい性質のお酒になるのです。ビール党の方!特にダイエット中は飲みすぎに注意しましょうネ。

お酒は太りやすい!でも、飲みたいときもある。その際の太らないためのポイント

おつまみはカロリーの低い野菜や豆腐などを選んで食べるようにしましょう。

お酒を飲むときは、お酒と同じ量のお水を飲みましょう。実は、二日酔いは脱水症状による水分不足が原因。二日酔いを未然に防ぐためにも水分を摂るようにしましょう。

そしてこれがもっとも重要ですが、アルコールの影響によりたくさんの栄養素が不足してしまいます。ビタミン類、葉酸、ビオチン、カリウム、ナトリウム、亜鉛、カルシウム、マグネシウムなど、多くのビタミン・ミネラルが不足してしまいます。お酒を飲む際にはサプリメントを活用し不足した栄養を補うようにするといいですね。

お酒を飲む前に、すっぽんサプリを飲んでおくのも良いですね。すっぽんはビタミン、ミネラル、アミノ酸の量がほうふで、これだけの大切な栄養素が一度に摂れる優れた食材です。常に、すっぽんサプリをカバンに1袋入れておくのはいかがでしょうか。

すっぽんのアミノ酸の基礎知識!ダイエット効果を高めるためにもアミノ酸の種類や働きを知ろう

ダイエット効果を高めるためにも、すっぽんに含まれているアミノ酸は、どんな働きをしているか知っておく必要があります。 ここでは、アミノ酸の種類や働きなど分かりやすく説明いたします。

アミノ酸の種類について

女性イメージ

身体の筋肉や皮膚、髪の毛や爪、血管や内臓など、人間の体の20%がタンパク質でできています。タンパク質を構成するのに欠かせない栄養素が20種類のアミノ酸です。

その内11種類は体内で合成されますが、 栄養分として不可欠なアミノ酸なのに体内で十分な量を合成できないものを必須アミノ酸と言って食べ物から摂取する必要があります。

アミノ酸一覧(必須アミノ酸/非必須アミノ酸)

必須アミノ酸9種類 トリプトファン
メチオニン
リジン
フェニルアラニン
ロイシン
イソロイシン
バリン
スレオニン
ヒスチジン
非必須アミノ酸11種類 アルギニン ※条件付き必須アミノ酸
グリシン
セリン
グルタミン
チロシン
グルタミン酸
アラニン
ブロリン
システイン
アスパラギン
アスパラギン酸

これらのアミノ酸のうち、どれか1つでも足りないとタンパク質を生成することができません。ですので、特に体内で生成することができない9種類の必須アミノ酸を中心に、アミノ酸が不足しないように日頃から食事で摂るように意識しておく必要があるのです。

トリプトファンの働き

必須アミノ酸であるトリプトファンの働きは、興奮状態を鎮めて精神を安定させたり、催眠効果によって寝付きやすい状態にする効果があるセロトニンという神経伝達物質があるのですが、トリプトファンが脳に送られると、このセロトニンの生成材料として使用されます。

ですから、トリプトファンが不足してセロトニンの分泌量が減ってしまうと、精神不安や不眠症といった症状の他、鬱状態になったりもします。夜になるとセロトニンは、脳内の松果体と呼ばれる部分で体内時計を調整する役割があるメラトニンというホルモンに変わって分泌されます。

年を重ねるにつれて朝目覚めるのが早くなってしまうのは、このメラトニンの分泌量が減っているからだと言われています。人間が自然と夜眠たくなるのはトリプトファンが深く関与しているからなのです。

そして、トリプトファンには、集中力を高める効果もあります。トリプトファン自体には、覚醒や興奮作用のある神経伝達物質ドーパミンやノルアドレナリンを生成する働きがあり、集中力を高めることができ、仕事の効率化や学習能力のアップなどにつながります。

また、女性にとって嬉しい効果もあります。それが、アンチエイジング効果と月経前症候群の緩和作用です。活性酸素は老化の原因とされていますが、トリプトファンには、この活性酸素を取り除く働きがあり、老化の予防に有効なことがわかっています。

女性は大体月経が始まる1~2週間前ぐらいから、イライラや憂鬱といった精神的症状や、腹痛や頭痛といった身体的症状が見られるようになる月経前症候群というものがありますが、トリプトファンには、この月経前症候群の症状を緩和する作用があると言われています。あと、トリプトファンの働きと言えば、神経の鎮痛作用といった働きも持ち合わせているようです。

【トリプトファンを多く含む食べ物】
トリプトファンを多く含む食品には、牛乳やチーズなどの乳製品、納豆・豆乳などの大豆食品、アーモンドやクルミなどのナッツ類、鶏肉・豚肉・牛肉などの肉類やこれらの各肉類のレバー、カツオやマグロなどの赤身の魚があります。
メチオニンの働き

硫黄が含まれているアミノ酸であるメチオニンの働きとしてまず。挙げられるのが、ヒスタミンの血中濃度の抑制です。ヒスタミンとは、アレルギー反応を引き起こす物質のことを言います。

よく聞くサバなどの青魚を食べた際に見られるアレルギー反応は、このヒスタミンが多く含まれていたことによって引き起こされたものなのです。

仕組みとしては、ヒスタミンの受けざれであるヒスタミン受容体に、ヒスタミンが結合することで、体を防御するための反応である炎症反応が発生することで、アレルギー反応が引き起こされるといった感じです。メチオニンは、このアレルギー反応の原因となる物質であるヒスタミンを血液中から除去して、ヒスタミンの血中濃度を抑制してくれます。

その結果、アレルギー反応を軽減させることができるのです。また、ヒスタミン不足は、肝機能の低下を招きます。メチオニンには、肝臓内の老廃物を除去して、代謝を活性化させること働きがあり、脂肪が蓄積されて起こる脂肪肝を予防することができ、肝硬変などの病気の発症を防ぐことにも大きく貢献してくれます。

そして、メチオニンの働きと言えば、抗鬱作用ではないでしょうか。三大神経伝達物質であるセロトニン・ドーパミン・ノルアドレナリンといったやる気を引き起こすのに有効な脳内物質を生成する際に使用されるのがメチオニンで、鬱病の治療に効果があるだけでなく、アルツハイマー病やパーキンソン病など治療にも効果があることがわかっています。あとは、老化の予防や薄毛・抜け毛といった髪の健康維持などの効果も持ち合わせています。

【メチオニンを多く含む食べ物】
メチオニンを多く含む食品には、鶏肉・牛肉などの肉類、カツオやマグロなどの魚類、牛乳やチーズなどの乳製品、納豆・豆腐などの大豆食品、海苔やひじきなどの海藻類、カシューナッツ・落花生などのナッツ類などがあります。
リジンの働き

リジンは、タンパク質を作り上げていく上で欠かせないアミノ酸で、人間の体内において様々な役割を持っています。リジンには、タンパク質を吸収をサポートしたり、体内のあらゆる組織の成長や修復に深く関わっている他、リジンを摂取すると、タンパク質の吸収力が高まり、エネルギーの生み出すことができるブドウ糖の代謝が活発に行われるようになります。

ブドウ糖には疲労を和らげる効果があるので、疲労を回復したり、集中力を高めたりする効果が期待できるのです。また、タンパク質だけでなく、カルシウムの吸収をサポートする働きもあるため、骨や歯の健康を維持することもできます。

リジンの体内における働きはこれだけではありません。細菌やウイルスが体内に侵入するのを防いで免疫力を高める働きもあります。特に、疱疹という唇などに現れるヘルペスの原因となるウイルスの侵入を防ぐ効果が高く、口唇ヘルペスの発症の予防に有効だと言われています。そして、体内の脂肪燃焼の促進や肝機能を高めて脂質異常を抑制するといった効果もリジンにはあります。

リジンは、脂肪燃焼の際に細胞のミトコンドリア内に脂肪酸を運搬するL-カルニチンという物質を作り出す材料になるので、脂肪燃焼の促進に繋がります。加えて、リジンを摂ることで肝機能が高まり、脂肪分解酵素リパーゼの働きを活発にすることができるので、血液中のコレステロールや飽和脂肪酸を抑制することもできます。 これらの働き以外には、血管の健康を維持して血圧を正常値に保つことで脳卒中を予防したり、近年では、発毛効果や抜け毛を防ぐ効果があることがわかっており、育毛剤の成分として配合されているようです。

【リジンを多く含む食べ物】
リジンを多く含む食品には、カツオ・マグロ・ブリ・サケなどの魚類、鶏肉・豚肉・牛肉などの肉類、納豆・豆腐・きな粉などの大豆食品、チーズや牛乳などの乳製品があります。
フェニルアラニンの働き

フェニルアラニンの働きとしてまず挙げられるのは、神経伝達物質として働き、脳機能を活性化させることではないでしょうか。フェニルアラニンは、タンパク質の生成の際に利用される必須アミノ酸のひとつですが、気持ちを興奮状態にさせたり、高揚させる働きがある脳内神経伝達物質ドーパミン・ノルアドレナリン・アドレナリンなどを生成する際に利用されます。

フェニルアラニン自体がそのまま直接脳内神経伝達物質になるのではありません。フェニルアラニンは、チロシンというアミノ酸の材料となり、肝臓内においてチロシンに変わります。このチロシンが、脳内神経伝達物質ドーパミン・ノルアドレナリン・アドレナリンになるのです。

ですから、フェニルアラニンを摂ることで、気持ちを興奮・高揚させる脳内神経伝達物質がたくさん分泌されるので、体の衰えからくる気力の低下を抑制し、やる気がみなぎり、活力ある毎日を送れるようになります。

また、気持ちを高揚させる効果によって、鬱病にも改善にも有効なことが確認されている以外に、記憶力を向上させる効果もあることがわかっています。また、フェニルアラニンには、痛みを和らげる効果もあります。

病院などで使われる鎮痛剤は、人工的に作り出したD-フェニルアラニンが使われており、手術後に感じる痛みを緩和させるのに役立っています。あとは、皮膚の色が部分的に白く抜け落ちる白斑という皮膚疾患の改善にも効果があったり、人工甘味料のアステルパームの原料として使用されたりしています。

【フェニルアラニンを多く含む食べ物】
フェニルアラニンを多く含む食品には、高野豆腐やきな粉などの大豆食品、チーズ・脱脂粉乳などの乳製品、アーモンドや落花生などのナッツ類、カボチャやジャガイモなどの野菜類、牛や豚のレバーなどの肉類・カツオやマグロなどの魚介類の他に、小麦・卵などがあります。
ロイシンの働き

ロイシンは、バリン・イソロイシンと同じ分岐鎖アミノ酸(BCAA)というグループに属していて、筋肉の成長に欠かせないアミノ酸です。

ロイシン・バリン・イソロイシンといった分岐鎖アミノ酸(BCAA)は、タンパク質の主要成分で、筋肉の構成成分であるタンパク質の合成を促進させる働きがあります。

この3つの分岐鎖アミノ酸(BCAA)の中でも最も強力なのがロイシンで、筋肉がつきやすくなり、筋肉の強化や筋肉量の維持などの効果が期待できるのです。

また、筋力アップに加えて運動時のエネルギー生成を促進してスタミナの強化もできます。ロイシンは、私たち人間の生命活動に必要なエネルギーのもととなるブドウ糖を筋肉内の細胞に取り込む役割があるインスリンの分泌を促進する働きがあります。

インスリンの分泌量が増えて、ブドウ糖の代謝が活発に行われるようになると、運動時のスタミナが強化されるというわけです。ロイシンなどの分岐鎖アミノ酸(BCAA)は、運動をすると減ってしまう性質があるので、特に、激しいスポーツなどの運動をよくする方は、意識して日頃からたくさん摂取しておいた方がいいでしょう。

そして、ロイシンには、肝機能を改善して、さらに機能を向上させる効果もあります。肝臓には、体内に摂り込んだ栄養素を使って代謝を行ったり、老廃物の排出や糖の代謝・貯蓄など、常に働き続けてくれているため、不摂生な生活を送っていると、肝機能が低下してしまいます。このような肝機能の改善と向上に有効なのがロイシンなのです。 他にも、タンパク質の主要成分であるので、髪の毛の健康を維持する育毛効果があったり、ストレスが溜まるのを抑制したりする効果も持ち合わせています。

【ロイシンを多く含む食べ物】
ロイシンを多く含む食品には、カツオやサケなどの魚類、高野豆腐やきな粉などの大豆食品、牛や豚のレバーなどの肉類があります。
イソロイシンの働き

筋肉を作り出す上で必要不可欠なのが、分岐鎖アミノ酸(BCAA)というアミノ酸で、イソロイシン以外にも、ロイシンやバリンといったアミノ酸も同じグループに分類されます。 これらの分岐鎖アミノ酸(BCAA)は、タンパク質の主成分で筋肉の作り上げていき、タンパク質の合成を速めて、筋力アップなどの効果があります。

そして、筋肉アップだけでなく、体全身の成長を促進する効果も期待できます。イソロイシンには、体中のあらゆる細胞での代謝を活性化させて、各細胞の成長を促進させる働きを担っている甲状腺ホルモンの分泌量を増加させる働きがあります。イソロイシンを摂取して甲状腺ホルモンの分泌量が増加すれば、成長期の子供の身長の伸びがよくなり、体がすくすくと育つようになります。

また、イソロイシンは、体に疲労が蓄積するのを抑制し、疲労からの回復力もアップします。これは、イソロイシンの働きである運動時に必要なエネルギー源のグリコーゲンの貯蓄や、疲労感をもたらすセロトニンという物質の抑制が関係していると言われています。 そして、イソロイシンは、神経機能のサポート役という特徴的な働きがあります。脳から送られる指令のスピードを上げて、運動時の反射スピードをアップさせたり、瞬時に物事を判断できる力を磨くことができ、集中力アップにも繋がります。

さらに、肝機能の改善や糖尿病の予防にも有効です。イソロイシンをはじめ分岐鎖アミノ酸(BCAA)の血液中の濃度が減少すると、血液中のアミノ酸のバランスが悪くなり、肝機能が低下して肝硬変や肝性脳症という病状を引き起こしてしまいます。糖尿病への効果に関しては、筋肉細胞への糖の吸収を活発にし、血液中のブドウ糖の量を減少させる効果があり、血糖値を正常値に保つことができます。

【イソロイシンを多く含む食べ物】
イソロイシンを多く含む食品には、仔牛肉や鶏肉などの肉類、牛乳やプロセスチーズなどの乳製品、サケなど魚類があります。
バリンの働き

バリンは、分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれる筋肉を成長させる働きを担っているアミノ酸で、バリンの他に、ロ イシン・イソロイシンもこの分岐鎖アミノ酸(BCAA)のグループに分類されます。

バリンは、筋肉を作るタンパク 質の主成分で、新しい筋肉を作って強い筋肉へと成長させてます。筋肉を成長させて強くするには、窒素が欠かせません。バリンは、筋肉の成長に使われる窒素のバランスを調整する役割があります。

窒素は血液の中に含まれていて、筋肉を成長させる際に血液の中から窒素を取り込みます。血液の中のタンパク質を代謝する際に窒素は排出されるのですが、この窒素の排出量を増やすことで強い筋肉へと成長させることができるのです。

ところが、体内のバリンの量が不足してしまうと、体内の窒素量のバランスが保てなくなるので、筋肉の成長が進まなくなってしまいます。すると、私たち人間の体は、筋肉を成長させる際に使った窒素を筋肉を分解することで放出して、体内の窒素量のバランスを保とうとするのです。バリンは、体内の窒素量が減らないように調整して、筋肉の成長が止まらないように働いてくれます。

また、バリンには、運動の際に筋肉で使われるエネルギー源になったり、損傷した筋肉の修復といった役割も持っています。エネルギー源となることでスタミナがアップして、運動能力も保ち続けることができますし、運動によって損傷してしまった筋肉を修復したり、筋肉疲労が起こるリスクも減らすことができるのです。他にも、食欲不振や肝硬変などの改善効果、コラーゲン同士を繋ぎ合わせてハリのある肌を作り出す美肌効果などもバリンは持ち合わせています。

【バリンを多く含む食べ物】
バリンを多く含む食品には、牛や豚のレバー・仔牛肉などの肉類、プロセスチーズや脱脂粉乳などの乳製品以外に、落花生・レンズマメ・マグロ・カツオ節・豆腐などがあります。
スレオニンの働き

スレオニンは、人間の体内のタンパク質の主成分となるアミノ酸の中でも、一番最後に見つかったアミノ酸で、別名トレオニンとも呼ばれます。スレオニンの主な働きとしてまず挙げられるのが、新陳代謝を活発にして体の成長を促すことと、脂肪肝の抑制ではないでしょうか。

スレオニンは、私たち人間だけでなく、動物の成長に大きく関与しているアミノ酸で、新しい細胞を生み出す新陳代謝が活発に行われるように働きかけて、体内の様々な組織の成長を促してくれます。脂っこい食べ物や糖分を多く含む食べ物を食べ過ぎたり、お酒をたくさん飲みすぎたりすることで、中性脂肪が徐々に肝臓に蓄積されていき、ある一定量を超えてしまうと、脂肪肝という状態になってしまいます。

そのまま放置して重症化すると、動脈硬化などの命の危険に関わる病気を引き起こす場合もあるのです。でも、スレオニンは、代謝を促し働きを持っているため、中性脂肪が肝臓に蓄積するのを防ぎ、脂肪肝を抑制することができるというわけです。

また、スレオニンには、胃炎を回復する効果もあります。暴飲暴食によって胃粘膜に炎症を発症する胃炎ですが、スレオニンは胃酸の分泌量を調整してくれるため、胃炎を回復させることができます。さらに、お肌や髪の毛をキレイにする美容効果も期待できます。と言うのも、美容成分でお肌にハリや潤いをもたらしてくれるコラーゲンの材料として使用されるので、コラーゲンを生成する際に欠かせないからです。

そして、ケラチンという髪の毛を形成しているタンパク質の合成にもスレオニンは使用されていて、スレオニンを摂取することで、ツヤのある美しい髪の毛を生み出すことができるのです。

【スレオニンを多く含む食べ物】
スレオニンを多く含む食品には、鶏肉や七面鳥などの肉類をはじめ、卵・ゼラチン・カツオ・レンズマメ・栗・じゃがいも・脱脂粉乳などがあります。
ヒスチジンの働き

ヒスチジンには、体の成長を促す働きがあり、特に、子供の成長に欠かせないアミノ酸として知られています。ところが、ヒスチジンは、成人にならないと体内で作り出すことができません。子供の成長に必須のアミノ酸にもかかわらず、子供のうちは体内でヒスチジンを作ることができないので、毎日の食事でヒスチジンを多く含む食品を食べて摂取する必要があるのです。

成長期の段階でしっかりとヒスチジンを摂取していれば、子供の発育もよくなります。このように、ヒスチジンは、子供の成長に欠かせないアミノ酸ですが、体内に取り込むと分解されて、ヒスタミンと呼ばれる神経伝達物質に変化します。

このヒスタミンには、関節炎の症状の緩和、脂肪の燃焼、脳細胞の死滅の抑制といった効果が期待できます。ヒスタミンは、外傷・音・光などの外的刺激や空腹・体温上昇などの内的刺激によって血管を拡張させる働きを持っていて、血圧が低下することで関節炎の症状を緩和させることができるのです。

また、脂肪細胞内において交感神経を刺激する働きがあるので、脂肪の分解が活発に行われるようになる以外に、満腹中枢に働きかけて食欲の抑制もしてくれるので、ダイエット効果が期待できます。脳梗塞などの病気は脳細胞が死滅してしまうのですが、この脳細胞の死滅を抑制する効果もヒスチジンにはあるのです。

これらの働きや効果に加えて、ヒスチジンは、赤血球を作り出す際に材料として使用されることから、貧血の予防にも効果があったり、紫外線から受けるお肌のダメージを防ぐ働きも持っているため、シミ・そばかすなどを予防する効果もあります。

【ヒスチジンを多く含む食べ物】
ヒスチジンを多く含む食品には、マグロ・カツオ・サバ・イワシ・サンマ・アジなどの魚類、鶏肉・仔牛肉・ハムなどの肉類、脱脂粉乳・チェダーチーズなどの乳製品があります。
アルギニンの働き

成人の場合は、アルギニンを体内で作り出すことができますが、子供の場合は、ある程度の年にならないと体内で作り出すことができない上に、アルギニン自体は代謝のスピードが速く、成人と違って十分な量を作り出せない子供は不足気味になってしまうことから、特に、子供は食事によってしっかりと摂取しておかなければならないのです。

アルギニンの働きには、成長ホルモンの分泌量の促進、免疫力のアップ、アンモニアの解毒、細胞の修復、血流の改善、脂肪燃焼の促進、肌の保湿などが挙げられます。アルギニンの成長ホルモンの分泌量を促進する働きのよって、体の細胞の新陳代謝が活性化されて、筋肉を成長させて強い筋肉を作り出したり、体全身の成長の促進にもつなげることができます。

また、代謝を高めることができるため脂肪燃焼を促進したり、食欲を抑制する効果もあるため、ダイエットなどの効果が期待できます。そして、アルギニンには、免疫細胞の働きを活発にさせて、ウイルスや細菌などの外敵から身を守る機能が強力にして免疫力をアップさせることができるため、病気や感染症などの負けない、強い体を作ることができるのです。

しかも、細胞の修復にも関わっているため、手術後の回復を早めたり、感染症の合併する危険を回避させることができます。さらに、アルギニンは、肝臓で行われるオルニチン回路においてアンモニアを解毒して、体外に排出させる働きがある以外に、乾燥の原因となる水分不足になった角質層に潤いを与えて肌を保湿したり、体内で一酸化窒素を作り出すことで血管を拡張させることができ、血流を改善して動脈硬化や脳梗塞などの病気の発症リスクを減らす効果もあります。

【アルギニンを多く含む食べ物】
アルギニンを多く含む食品には、鶏・豚・牛の各肉類、高野豆腐・湯葉などの大豆食品、エビやマグロなどの魚介類、アーモンドやクルミなどのナッツ類の他に、牛乳・ごまなどがあります。
グリシンの働き

アミノ酸のグリシンの働きについて調べてみました。グリシリンはセリンによって作り出され、酸素を運ぶ役割を行っているヘモグロビンや美肌成分として知られている皮膚のコラーゲンなどを作る際にも欠かせないアミノ酸です。

お肌の弾力やツヤなどには欠かせないコラーゲンですが、このコラーゲンを構成しているいくつかのアミノ酸の中で、最も占める割合が多いのがこのグリシンだと言われていて、その割合は全体の約30%を占めています。

ですので、コラーゲンを作る際に最も重要なアミノ酸と言っても過言ではないのです。特に女性はグリシンは肌にハリや弾力を与えたり、潤いももたらして美しい肌の維持に大きく貢献してくれるので覚えておきたいアミノ酸です。

また、コラーゲンと言えば美肌維持に重要な成分として良く知られていますが、そのほかにも、骨の関節部分の軟骨などにもたくさん存在している成分です。関節痛の予防や緩和にも重要な役割を果たしています。

さらに、グリシンは精神を安定させる神経伝達物質として安眠効果が期待できのに加えて、体内において血管を拡張させる働きがあり、体の熱を外部に放出させて体温を下げる効果があります。

このように、精神状態が安定したり、体温が下げたりして眠りやすい状態にしてくれるので、ぐっすり熟睡でできるようになります。また、疲労回復効果もあるので、睡眠不足の方は積極的摂るといいでしょう。

そして、グリシンの働きで熟睡できるようになることで、筋肉増強や体を成長させる効果や、ダイエット効果などにもつながります。睡眠によって成長ホルモンの分泌が増えるので、強い筋肉が作れたり、体を大きく成長させることができますし、レプチンという食欲を抑制するホルモンの分泌も増やすことができるので、体脂肪の蓄積を予防できるのです。

【グリシンを多く含む食べ物】
グリシンを多く含む食品には、牛すじ・鶏軟骨・豚足などの動物性のコラーゲンが多い肉類、エビ・カニ・ウニ・ホタテ・マグロ・イワシなどの魚介類、納豆・油揚げなどの大豆食品の他に、アーモンドや枝豆などがあります。
セリンの働き

シルクの滑らかな手触りのもとは、セリシンというタンパク質だと言われていて、セリンは、このセリシンの主成分となるアミノ酸です。

セリンには、肌の潤いを保ち続ける保湿効果があります。肌の潤いを保つ役割がある天然保湿成分(NMF)の主成分で、角質層にたくさん存在しています。乾燥肌は、角質層の水分量が少ないことによって起こる肌のトラブルですが、保湿効果のあるセリンが水分を角質層に閉じ込めてくれて、潤いのある美しい肌を保ち続けてくれるのです。

さらに、セリンは、体内において肌の新陳代謝を活性化させる働きがあるシステインという別のアミノ酸に変わったり、メラニン色素が作られるのを防ぐ働きもあり、シミやそばかすの予防や美白効果も高いことがわかっています。

そして、セリンには、脳が正常に機能するように働きかけて、認知症やアルツハイマー病の予防と改善にも効果があります。セリンは、アセチルコリンという神経伝達物質や脳細胞に多く存在しているホスフェチジルセリンという成分を作り出す際の材料として使用されます。

アセチルコリンは、外部から受けた刺激を脳のシナプスに伝達する役割があり、ホスフェチジルセリンは、脳が活動するためのエネルギー源となるブドウ糖の吸収力を高める役割があることから、脳の働きを活性化させて記憶力を向上させることができるなど、認知症やアルツハイマー病といった脳の病気の予防や改善に効果を発揮してくれるのです。

他にも、睡眠の質を向上させるといった働きも持っていることから、不眠症の改善にも有効だと言われています。

【セリンを多く含む食べ物】
セリンを多く含む食品には、セリンが豊富に含まれているタンパク質・カゼインを主成分とする牛乳をはじめ、大豆・高野豆腐・カツオ節・湯葉・きな粉・小麦・イクラ・海苔・チーズ・落花生・小豆などの食品があります。
グルタミンの働き

筋肉の中に含まれているアミノ酸の約50%を占めていると言われているグルタミンは、人間の体の中で最も多く存在しているアミノ酸です。

グルタミンには、筋肉の合成をサポートしたり、筋肉疲労を回復させる効果があります。通常、激しい運動をしたり、体にストレスが溜まると、筋肉の中に含まれているタンパク質の分解が活発に行われるようになり、グルタミンの量が減っていくことで筋肉が破壊されてしまいます。

しかし、グルタミンを摂取すれば、タンパク質の分解を防ぐことができ、筋肉量を維持することができるのです。逆に、手術後の患者さんのように動けなくて運動ができずに筋肉量を維持することができることから、手術後に点滴によって補給したりします。手術と言えば、グルタミンには、傷を治癒力を高める効果もあるので、手術後からの回復を早めることもできます。

そして、グルタミンの働きには、小腸の働きを活発にしたり、免疫力を強化するといった働きもあります。小腸の内壁の表面には、腸絨毛(ちょうじゅうもう)という栄養を効率よく吸収する突起がついています。

腸絨毛は細胞分裂が活発に行われていて、新しい腸絨毛がすぐに作られます。グルタミンは、この腸絨毛を作る際の材料として使用されていて、腸絨毛の機能維持に重要な役割を担っています。抗がん剤治療を受けていると、抗がん剤で新しい腸絨毛が作られなくなるので、治療にグルタミンが使用されるようです。

また、グルタミンには、免疫細胞のエネルギー源となり、細菌やウイルスなどの外敵の侵入を防ぐ免疫力を高めることができるので、風邪やアレルギーなどを予防にも有効とされています。

【グルタミンを多く含む食べ物】
グルタミンを多く含む食品には、小麦粉・大豆・カツオ節・高野豆腐・海苔・落花生・アーモンド・牛乳・チーズ・卵・マグロ・サトウキビ・トマトなどがあります。
チロシンの働き

同じアミノ酸であるフェニルアラニンから作られ、興奮状態にしたり、やる気を引き起こしたりする働きがあるアドレナリン・ノルアドレナリン・ドーパミンといった脳内神経伝達物質、髪の毛などの色素であるメラニン、甲状腺ホルモンなどを作る際に使用されます。

チロシンによってアドレナリン・ノルアドレナリン・ドーパミンといった脳内神経伝達物質が作り出されると、脳が覚醒させてやる気がアップし、集中力を高めることができるので、仕事や勉強がはかどるようになります。

メラニンの材料として使われるチロシンですが、白髪の原因はメラニンの不足なので、チロシンを摂取することで黒い髪の毛を維持することができ、白髪を防ぐことができます。甲状腺ホルモンは、代謝機能を活発にして体の成長を促進させことができるため、子供の成長に大きく貢献してくれます。

そして、チロシンには、ストレスを緩和させたり、うつ病やパーキンソン病などの予防や改善に効果があります。人間がストレスを感じると、アドレナリンやノルアドレナリンが大量に分泌されて、ストレスに対抗できる精神状態を保とうとします。

つまり、アドレナリンやノルアドレナリンを作る材料となるチロシンを摂取することで、ストレスを緩和させることができるのです。うつ病を発症している方の脳内ではチロシンの量が不足していることがわかっています。

しかし、チロシンによって気持ちを高揚させたり、やる気をアップさせることができるドーパミンやノルアドレナリンが作られるので、うつ病やパーキンソン病など予防や改善に効果があり、これらの病気の治療の抗鬱薬として利用されています。

【チロシンを多く含む食べ物】
チロシンを多く含む食品には、バナナやアボガドなどの果物をはじめ、チーズ・アーモンド・落花生・ゴマ・大豆・タラコ・カツオ節・タケノコなどがあります。
グルタミン酸の働き

グルタミン酸には、主に脳機能を高める役割があり、アンモニアの解毒・排出や、脳をリラックスさせるGABA(ギャバ)の合成材料になったりしています。アンモニアは、脳機能を阻害すると言われていて、脳に蓄積されてしまうと肝性脳症といった脳の病気を発症します。

グルタミン酸は、このアンモニアと結合することで、グルタミンを作り出し、アンモニアの解毒を促すことができるのです。また、グルタミン酸には、利尿作用も持ち合わせているため、アンモニアを尿で体の外へ排出することもできます。

脳機能を高める働きはこれだけではありません。グルタミン酸自体が神経伝達物質として脳機能を活発にして、認知症を防止する効果が期待できる以外に、GABA(ギャバ)の合成材料になることで、脳のストレスを和らげてリラックスさせる効果があったり、脳の血流を改善する効果があるなど、脳を正常に機能させるために重要な役割を果たしています。

そして、脳機能を高める他に、体内脂肪の蓄積の予防、肌の保湿、血圧の抑制といった働きもあります。ラットを使った最近の研究で、グルタミン酸を与えることで、体内の脂肪に脂肪が溜まるのを防ぐことができたことがわかっていて、人間が摂取することでも、同じように体内脂肪の蓄積が予防できるのではないかと言われています。

肌の保湿に関しては、角質層内にたくさん存在し、角質層おいて水分を維持することで、潤いのある美しい肌を作っています。さらに、血圧の上昇を抑制する働きもあることから、脳卒中や心疾患による死亡リスクを減らす効果もあるようです。あと、旨味成分として有名なグルタミン酸は、様々な調味料の材料にもなっています。

【グルタミン酸を多く含む食べ物】
グルタミン酸を多く含む食品には、昆布・白菜・トマト・イワシ・緑茶・大豆・高野豆腐・納豆・ゴマ・アーモンド・チェダーチーズなどがあります。
アラニンの働き

アラニンは、肝機能を活性化させるためのエネルギー源としての働きがあり、アルコールやブドウ糖の代謝を促すことができる他に、運動時に消費されるエネルギーを作り出したり、肥満の予防、高い保湿力による肌の乾燥予防といった効果もあります。

人間には、お酒を飲んだ際に肝臓ではアルコールを分解して、発生したセトアルデヒドなどの有害物質を分解する機能が元々備わっています。ところが、飲みすぎてしまうと肝臓で処理しきれなくなり、次の日に二日酔いといった状態になってしまいます。アラニンは、肝臓のエネルギー源となり、肝機能を活性化させることができるので、二日酔いの予防に効果があるのです。

そして、アラニンには、ブドウ糖の代謝を促して、体を動かすためのエネルギー源へを作り出すためにも欠かせません。アラニンは、体内に蓄積されているグリコーゲンの量を補うために、運動の際に作られています。

運動をする際にブドウ糖からエネルギーを作り出されるのですが、この運動中のブドウ糖の分解によってアラニンも同時に作られるのです。このあと、肝臓に移動したアラニンは、次のエネルギー源となる新しいブドウ糖を作るのに使用され、持久力アップに役立っています。

また、肝機能の活性化によって、体内に脂肪として蓄積されているグリコーゲンを分解してエネルギー源として消費するため、肥満の予防にもなります。これら以外にも、アラニンには、肌の乾燥を予防する効果が期待できます。

アラニンは、肌の角質層ないに天然保湿成分(NMF)の主成分としてたくさん含まれているのですが、高い保湿力があり、角質層内の水分維持に力を発揮してくれて、肌の乾燥を予防してくれます。

【アラニンを多く含む食べ物】
アラニンを多く含む食品には、シジミ・アサリ・ホタテなどの貝類をはじめ、牛・豚・鶏のレバー、海苔、カニ、カツオ節、高野豆腐などがあります。
プロリンの働き

プロリンは、体内ではヒドロキシプロリンという保湿成分に変わります。

ヒドロキシプロリンとは、コラーゲンを作る際に欠かせない材料となる成分で、プロリンをたくさん摂取することで、コラーゲンの材料となるヒドロキシプロリンの量も増えていきます。すると、コラーゲンの生成も活性化させるため、潤いのある美しい肌を保ち続けることができるのです。

また、プロリンは、コラーゲンの再生機能も持ち合わせているので、紫外線によって受けたダメージで破壊されたコラーゲンを再生することができるので、シミやそばかすの予防や改善に効果が高いことで知られています。美肌効果はこれだけではありません。

プロリンは、年を重ねるにつれて減少していきます。赤ちゃんの肌がスベスベでプルプルなのは、肌にプロリンがたくさん含まれているからです。ですから、プロリンを補給してあげて肌の中にたくさん含まれている状態にすれば、ハリやツヤのある、若々しい肌へと生まれ変わらせることができるというわけなのです。

このように、プロリンには、女性にとって嬉しい効果がたくさんありますが、女性に喜ばれる効果はまだあります。それが、ダイエット効果です。人間の体内には、リパーゼという脂肪分解酵素が存在します。プロリンは、このリパーゼの働きを分泌と働きを活性化させることができるので、体内に蓄積されている脂肪の燃焼を促進し、ダイエット効果が期待できるのです。

あと、コラーゲンは、関節の軟骨部分を構成している主成分なので、コラーゲンの合成促進や再生といった働きを持つプロリンを摂取することで、軟骨の弾力性が保たれて、関節痛の症状の改善などにも効果があります。

【プロリンを多く含む食べ物】
プロリンを多く含む食品には、豚のゼラチン・牛乳・小麦・湯葉・高野豆腐・焼きふ・チーズ・カツオ節・きな粉・海苔などがあります。
システインの働き

老化の防止に有効な抗酸化作用や肝臓においての解毒作用を持っているシステインですが、他にもエネルギーの生成やコラーゲンの合成が活発に行われるように働きかけたり、シミ・そばかすを抑制するのに有効なことがわかっています。

髪の毛や皮膚などを構成しているケラチンの主成分であるシステインは、人間の体内では、髪の毛や皮膚などにたくさん存在していて、髪の毛や皮膚を合成する際に材料として使用されます。

人間の体に馴染みやすく相性が良く、髪の毛への負担が少ないことから、パーマ液などにも配合されています。人間は、体内に強い酸化力のある活性酸素が増えてしまうと、老化が進行してしまうと言われていますが、システインには、抗酸化作用があるため、老化を食い止めて若々しい体を保ち続けることができます。

お酒を飲むとアセトアルデヒドという有害物質が体内で発生しますが、システインは、肝臓においてこのアセトアルデヒドを分解する酵素の活動を活発にさせる働きがあるので、アセトアルデヒドを解毒して代謝を促すことができます。日頃からお酒を飲む量が多いという方は、積極的にシステインを摂るようにしましょう。このように、代謝酵素の活動を活発にさせることができるシステインには、ブドウ糖の代謝を促すことによってエネルギーを生成する役割も持ち合わせています。

さらに、システインを摂ることで美容にも効果があります。と言うのも、美肌成分のコラーゲンの生成にも深く関わっており、肌にハリや潤いをもたらしてくれたり、ツヤのる美しい髪の毛に変えてくれます。あと、チロシナーゼというメラニンの働きを活発にさせる酵素の分泌量を減らす働きもあるので、紫外線によって発生するシミ・そばかすの抑制にも効果があります。

【システインを多く含む食べ物】
システインを多く含む食品には、牛肉・鶏肉・羊肉などの肉類をはじめ、牛乳・チーズなどの乳製品、マグロ・カツオなどの魚類、大豆、タマネギ、唐辛子、ニンニクなどがあります。
アスパラギンの働き

アスパラガスから見つかったことからアスパラギンと呼ばれるようになったアミノ酸で、アスパラギン合成酵素であるアスパラギンシンテターゼによってアスパラギン酸とアンモニアから作り出されます。

有害物質であるアンモニアが体内にたくさん蓄積されてしまうと、神経伝達物質の働きを低下させたり、エネルギーの作り出す細胞内のミトコンドリアの働きも低下させるため、細胞の老化、体力や免疫力の低下など招きますが、アスパラギンが作り出されることで、アンモニアを体内で安全な状態に変えて使用できるようになります。また、アスパラギンには、アスパラギンを作る材料として使用されない余分なアンモニアを体の外に排出することもできます。

アスパラギンは、筋肉や臓器など人間の体のあらゆる組織を作るのに欠かせないタンパク質の合成にも深く関わっていて、強い体を作る効果も期待できます。アスパラギンが不足すると、免疫力が低下したり、体中の各組織の弱体化が進んでしまいますが、それだけでなく、アスパラギンが不足することでタンパク質の合成ができなくなります。

すると、足りない分はすでに体中の各組織内に存在するタンパク質を分解することで補うようになっているのですが、この分解過程で同時にアンモニアも発生してしまいます。

でも、アスパラギンは、余分なアンモニアを尿として体の外に排出してくれるのです。そして、アスパラギンには、運動能力を高める効果もあります。アスパラギンは、クエン酸回路の機能を活性化させる働きがあり、エネルギーの代謝を促したり、疲労の原因となる乳酸の発生も減らすことができます。

さらに、筋肉を動かす際のエネルギー源となるグリコーゲンがたくさん作り出されるように働きかけてくれるため、高い運動能力を長時間維持できるようになるのです。

【アスパラギンを多く含む食べ物】
アスパラギンを多く含む食品には、アスパラガス・ジャガイモなどの野菜類をはじめ、鶏肉・牛肉などの肉類、マグロ・カツオなどの魚類、大豆、牛乳、らっきょう、サトウキビなどがあります。
アスパラギン酸の働き

アスパラギン酸の働きとしてまず挙げられるのが、体内の有害物質を体の外に排出することができる利尿作用ではないでしょうか。利尿作用によって尿を増やして排尿を促そうとすることで、神経伝達物質の機能を低下させるアンモニアを体の外に排出することができ、神経伝達物質が正常に機能するように維持することができるのです。

そして、疲労を回復して運動時の持久力をアップさせたり、肌を健康な状態に維持する役割もあります。人間の体内にはエネルギー代謝が行われるクエン酸回路という機能が存在し、このクエン酸回路が正常に機能してくれないと、エネルギー生産効率が徐々に低下してしまい、たくさん乳酸が蓄積されて疲労がなかなか抜けない状態になります。

でも、アスパラギン酸には、クエン酸回路の機能をアップさせるミネラル、カリウムやマグネシウムを細胞内に送り届ける役割があるので、エネルギー代謝と乳酸の抑制が促されて、疲労からの回復がスムーズに行われるようになるのです。

また、アスパラギン酸は、エネルギーが足りない時のために予備のエネルギー源として貯蔵してあるグリコーゲンの合成を促す働きがあるので、運動時の持久力をアップさせることができます。さらに、肌の健康状態の維持にも、アスパラギンは大きく貢献しています。アスパラギンには、肌の新陳代謝を活発にしたり、保湿力を高める働きがあります。

肌の新陳代謝が正常に行われることで、毎日新しいキレイな皮膚が作られますし、肌の保湿力を高めてくれるため、潤いやツヤのある肌を維持することができるのです。あと、旨味成分であるアスパラギン酸は、いろんな調味料に使用されていたり、甘味料のアスパルテームの材料になることから、ガム・アイスクリーム・ジュースなどに使用されています。

【アスパラギン酸を多く含む食べ物】
アスパラギン酸を多く含む食品には、アスパラガス、もやし、マグロ、うなぎ、サトウキビ、大豆・海苔・らっきょう、牛肉・鶏肉・豚肉の各肉類などがあります。

また、アミノ酸には、上記のタンパク質を構成する20種類のアミノ酸以外に、スーパーアミノ酸と称されるシトルリン、肝臓を助けるオルニチンなどの遊離アミノ酸、筋肉を作り出すBBAA(分岐鎖アミノ酸)、GABA(ギャバ)が体の中で大活躍しています。

スーパーアミノ酸シトルリン

スーパーアミノ酸と言われているシトルリンは、ウリ科のスイカなどに豊富に含まれていて、遊離アミノ酸の一つとされています。

シトルリンの主な働きとしては、血管の健康のサポート役として、血管を拡張して血液の流れを良くすることが挙げられます。

人間の体内に張り巡らされている血管の中では、毎日のように一酸化窒素が作られています。この一酸化窒素には、血管を柔軟性を高めて幅を拡げたり、血管壁にコレステロールなどがくっついて塊となり、血管が詰まってしまうのを防ぐことができることから、血液が常にスムーズに流れるようになり、動脈硬化などの病気の予防に効果があることがわかっています。

このような血管を拡張して血液の流れを良くする一酸化窒素を作る出すのにシトルリンが欠かせないのです。つまり、シトルリンを摂取することで一酸化窒素がたくさん作られるようになり、血管が拡張して血液の流れをスムーズすることができるというわけです。

このように、シトルリンは、血管を常に健康な状態にしてくれるサポート役としての働きがあるのですが、一酸化窒素が増えて血液の流れが改善されることで得られる効果は他にもあります。血液が流れる量が増えて、体のすみずみまで血液がたくさん流れるようになることで、酸素や栄養もたくさん送り届けることができたり、溜まっている老廃物を排出することができます。

すると、老廃物の蓄積が原因とされるむくみの解消、血行不良が原因で起こる冷え性、肌の新陳代謝を促進して肌にハリや潤いを与える美肌効果、成長ホルモンの分泌量の増加による筋力アップ、運動時に発生する疲労物質アンモニア・乳酸を抑制して持久力アップ、脳の疲労を軽減して集中力・記憶力アップといった効果が期待できます。

【シトルリンを多く含む食べ物】
シトルリンを多く含む食品には、スイカ・メロン・ゴーヤ・トウガン・キュウリ・ヘチマなどのウリ科の植物があります。
遊離アミノ酸の働き

遊離アミノ酸とは、体内のアミノ酸が不足した状態になってしまうと体の各組織を正常に機能する健康な状態に保つことができません。この緊急事態を回避するために体内に貯蔵されているアミノ酸のことを遊離アミノ酸と言います。

人間の体のあらゆる組織は、タンパク質によって構成されているのですが、この人間を構成しているタンパク質も、アミノ酸によって構成されています。

つまり、アミノ酸が不足した状態になってしまうとタンパク質も不足してしまうため、体の各組織を正常に機能する健康な状態に保つことができなくなる恐れがあります。それだけアミノ酸は人間にとって重要なものなのです。

人間の体内に存在しているアミノ酸には、タンパク質から分解されたりするものや、タンパク質の構成に使用されたりするものなどが、常に存在しています。このような、体内に貯蔵されているアミノ酸のことを遊離アミノ酸と言います。

遊離アミノ酸は、肝臓や筋肉にたくさん存在しているだけでなく、血液中にもたくさん存在していて、体中の各組織で必要とされるタンパク質を作り出すために、血液によって血管内を通って全身へと送り届けられるようになっています。

アミノ酸が必要な時は、血液中の遊離アミノ酸から足りない分を補給して、逆に、余分なアミノ酸は、血管内へと移動させます。

代表的な遊離アミノ酸には、オルニチンというものがあります。オルニチンには解毒作用があり、肝臓において神経伝達物質の機能を低下させてしまうアンモニアという有害物質の体の外への排出をサポートしてくれます。

また、体の成長に欠かせないと言われている成長ホルモンの分泌量を増やす働きも持っています。この働きのおかげで、筋肉の合成が活性化させたり、体中の各組織の成長を促すだけでなく、免疫力や肝機能、自然治癒力などを高めることもできます。

他にも、オルニチンには、体への疲労の蓄積を軽減させる効果があることがわかっています。体のだるさが解消されて朝の目覚めがよくなったり、運動によるエネルギー消費で発生する疲労の原因の一つとされるアンモニアを抑制して、運動時の体力消耗を軽減させることができます。

BCAA分岐鎖アミノ酸の働き

筋肉を作り出すタンパク質の主成分であるバリン・ロイシン・イソロイシンというアミノ酸のことをまとめてBCAA(分岐鎖アミノ酸)と言います。BCAA(分岐鎖アミノ酸)は、筋肉を作るタンパク質の主成分となるため、筋肉量を維持するために使用されます。

筋肉は、ミオシンやアクチンというタンパク質で構成されていて、BCAA(分岐鎖アミノ酸)は、これらのタンパク質の主成分になり、約30%ほど含まれています。ところが、激しい運動をすると、BCAA(分岐鎖アミノ酸)の量は減少してしまい、その結果、筋肉量も落ちてしまうのです。

このような筋肉量の減少を抑制することができるのが、BCAA(分岐鎖アミノ酸)というわけです。体内で筋肉を作り出す活動を促すだけでなく、運動する前や運動する後に摂取することで、タンパク質が分解されるのを抑制したり、運動によって損傷した筋肉の再生や筋肉の疲労蓄積の軽減などの効果もありので、筋肉量を維持する効果が期待できるのです。

そして、この筋肉量の維持といった働きと並ぶBCAA(分岐鎖アミノ酸)の代表的な働きとして挙げられるのが、運動に必要なエネルギー源になることです。運動する前に摂取すれば、運動時の使用されるエネルギーをたくさん作り出すことができ、長時間運動し続けることができだけのスタミナをアップさせることができます。

また、BCAA(分岐鎖アミノ酸)には、ダイエット効果にも有効なことがわかっています。エネルギーを作り出す際に脂肪の燃焼をサポートする働きも持ち合わせているため、効率的な脂肪燃焼が行われますし、筋肉量の強化により、基礎代謝量もアップするのでダイエットに有効なのです。

他にも、セロトニンを抑制して脳の疲労蓄積を軽減したり、肝機能を高めるといったことにも効果を発揮してくれます。

【BCAA(分岐鎖アミノ酸)を多く含む食べ物】
牛乳・チーズなどの乳製品、豆腐・納豆などの大豆製品、牛肉・豚肉・鶏肉といった肉類、マグロ・カツオなどの魚類などがあります。
■GABA(ギャバ)の働き

GABA(ギャバ)は、別名γ(ガンマ)-アミノ酸と呼ばれているアミノ酸で、人間をはじめ哺乳類の脳や脊髄にたくさん存在しています。抑制性神経伝達物質であるGABA(ギャバ)には、精神安定作用がによるリラックス効果や血圧の上昇を抑制する作用があります。

強いストレスを受けたり、激しい運動をした後は、交感神経が刺激されて興奮性神経伝達物質であるアドレナリンやノルアドレナリンの分泌量が増えます。これらの興奮性神経伝達物質の分泌量を減らすことができるのが、GABA(ギャバ)なのです。GABA(ギャバ)を摂取することで、副交感神経が活性化されて、精神状態が安定してリラックス効果を得ることができ、緊張や不安を緩和してくれたりもします。

また、GABA(ギャバ)がもたらしてくれるリラックス効果は、睡眠にも良い影響をもたらします。脳が興奮した状態だと、なかなか眠ることができませんが、GABA(ギャバ)は、脳の興奮を抑えて精神状態を鎮めくれるため、睡眠に適したリラックス状態にしてくれるのです。

そして、アドレナリンやノルアドレナリンといった興奮性神経伝達物質の分泌量が増えることで、血圧の上昇といったからだの不調も引き起こしてしまいます。血圧が上昇する原因としては、強いストレスによる興奮性神経伝達物質の増加以外にも、塩分の摂りすぎなども挙げられますが、GABA(ギャバ)には、興奮性神経伝達物質の分泌を抑制するだけでなく、腎臓の塩分排出機能を活性化させる働きも持ち合わせているため、塩分の排出を促進して、血圧の上昇を抑制することができるのです。

しかも、血圧が正常値の場合は作用せず、血圧が上昇した場合だけ反応して血圧の上昇を抑制しようとする性質があるようです。あとは、コレステロールや中性脂肪を減らす働きもあるため、動脈硬化の予防やダイエットにも効果があることがわかっています。

【GABA(ギャバ)を多く含む食べ物】
GABA(ギャバ)を多く含む食品には、白米の約10倍も含まれている発芽玄米をはじめ、漬物・醤油・味噌・キムチなどの発酵食品、カボチャ・ナス・キュウリ・アスパラガス・トマトなどの野菜類、 ミカン・メロンなどの果物類などがあります。

アミノ酸の飲み方について

サプリイメージ

アミノ酸は、体内において脂肪の燃焼を高める働きがあることからダイエットをサポートする働きにも注目されています。今ではダイエット関連のサプリメントなど、様々な健康食品に使われています。

また、コラーゲンの原料にもなることから、アミノ酸を上手に摂ることによって、かなりの美肌効果も期待できますし、他にも、筋肉疲労を和らげたり、脳をリラックスさせるといった働きも持ち合わせています。

アミノ酸サプリなど飲む場合、目的に応じて飲むことで、アミノ酸が持つ美容・健康パワーやダイエットに最大限に発揮させることができます。せっかくダイエット目的で飲むなら、効率的に脂肪燃焼が行える飲み方を・・・。美容目的なら、美しい肌を作り出すコラーゲンの吸収や肌の新陳代謝をより活性化させることができる飲み方を・・・。そこで、それぞれの目的の有効な飲み方について調べてみることにしました。

ダイエット目的なら・・・

ダイエット目的でアミノ酸を飲む場合には、運動を開始する30分前に飲むのがベストタイミングという説がありました。その理由は、アミノ酸は30分程度の時間で体内に吸収されるからです。アミノ酸は、体内の脂肪を脂肪酸に分解する働きがあり、この分解の後に、エネルギーを生み出すために脂肪の燃焼が行われます。

アミノ酸は、その脂肪分解の際に使われる分解酵素リパーゼの原料になります。原料になるアミノ酸は、アラニン・アルギニン・プロリン・リジンといったアミノ酸が脂肪分解酵素リパーゼの原料になり、これらのアミノ酸を摂取することで脂肪の燃焼が活性化されるのです。

そういったことから、運動をすることで脂肪の燃焼が行われますが、アミノ酸を運動の30分前に飲んでおくことで、脂肪の燃焼作用がさらに活性化されて、効率的にダイエットが行えるというわけです。

また、イソロイシン・バリン・ロイシンといったアミノ酸には、トレーニングで損傷した筋肉を再生させる働きもあるので、運動した後に飲めば、筋力アップを促進し、基礎代謝量を高めることもできるそうです。但し、トレーニング後30分以内に飲みましょう。

美容目的なら・・・

一方、美容目的でアミノ酸を飲む場合は、睡眠中に成長ホルモンが大量に分泌されるので、夜寝る30分前に飲むのがベストタイミングです。

理由は、肌の新陳代謝は、夜の寝ている間に活発に行われているからです。アミノ酸は30分程度で吸収されるので、夜寝る30分前に飲んでおけば、さらに肌の新陳代謝を活性化させることができます。

美容目的で飲むなら、新陳代謝を活性化させるアスパラギンというアミノ酸の他、肌に潤いを与えるセリンやコラーゲンの生成に使われる、グリシン,アラニン,プロリン,ヒドロキシプロリンの4種類のアミノ酸が含まれているサプリメンを飲むことをお勧めします。

ダイエットにオススメのすっぽんサプリBEST3!

すっぽんサプリは、多くのメーカーから販売されています。いったいどれを選んで飲んだら良いのか?と迷ってしまいますね。そこでダイエットに有効な成分を豊富に含んアだ 人気のすっぽんサプリのベスト3をご紹介します。興味のある方はチェックしてくださいね。

すっぽんスリム酵素の画像

1位 すっぽんスリム酵素

すっぽんサプリでダイエットと言えば、アミノ酸の含有量が多い、すっぽんスリム酵素です。筋肉量を増やし基礎代謝を高めて痩せやすい体質へ!

肥後すっぽんもろみ酢の画像

2位 肥後すっぽんもろみ酢

アミノ酸が豊富な肥後日の元すっぽんだけじゃく琉球もろみ酢まで加えて、黒酢の312倍のアミノ酸量を達成!圧倒的なアミノ酸で脂肪燃焼を促進!

美泉すっぽんの画像

3位 美泉すっぽん

温泉スッポンは、黒酢の157倍のアミノ酸。温泉黒酢は普通のアミノ酸の101倍、だから美しく痩せてスッキリしたい欲張りな人にお勧め!




ページの先頭へ